「ドライボックス」でM2の保管場所完成!


カメラにとって、特にレンズにとっての天敵は湿気!
レンズにカビが発生した場合、オーバーホールしなければならない。

そうならないためにも、防湿庫での保管は大事!
なんだけど、そこまで資金をかけるほどのもんじゃないので^、
「ドライボックス」で「EOS M2」は保管することにした!

「X4」と一緒に保管していたが、
それだとやっぱどっちがどっちとわかりづらかったので。。

DSC_0297
DSC_0298DSC_0300