「EOS M2」でちょっとした撮影考察


先日購入「EOS M2」での試し撮りをしてみた。
場所は「玉露の里」。

今回の撮影では、同梱のレンズキットにあった
EF-Mマウントの「EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM」と、
EF-Sマウントの「EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS」をマウンターを付けて撮影比較してみた。

■「EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM」による撮影
IMG_0138_h1920IMG_0139_w1920

■左「EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM」/右「EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS」
IMG_0143IMG_0160

35mm判換算で18mmに対し、同じく35mm判換算で29mmの焦点距離。
視野の広さはスペック通り。
M2はサブ機として散歩用?と思っていたが、自分にとっては、より広角が必要な場面でも重宝しそうだ。

■左「EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM」/右「EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS」
IMG_0168IMG_0164

シャッター速度1/4000で撮影。
「EF-S18-135mm」の35mm判換算約29~216mm相当はやはり汎用性が高いと思う。
ただし、これをこのM2に取り付けて撮影するには、ボディより重いレンズを付ける事になるため、
気軽なサブ機というコンセプトは失われてしまう。

マウンターを通じてEF(EF-S)レンズの資産を活かせるのが売れこみだし、
実際には自分もその点を考慮に入れてM2を購入したが、
「可能な事」と「実際の用途」にはギャップがあると感じた。
一言で言えば、実際に使う場面は殆どないだろう。。

そう考えれば、あえてCanonに拘る必要も無かったかもしれないが、
とりあえずサブ機としてはいいんじゃないかなと思ってますね。




スポンサードリンク

Leave a Comment.