ケータイ【2刀流】時代!


ケータイ電話の【2刀流】を決断した!

即ち、現行の「スマートフォン」と新規に「ガラケー」を持つという決断!

まずスマホ。
「au」の「XperiaZ1」を利用している。

第1に「au」を解約して「UQモバイル」と契約!

そして最近 青いムックとピンクのガチャピン?で有名な「UQモバイル」のSIMカードを契約してSIMカードを差し替える事。
「UQモバイル」は、「au」の回線を利用しているいわゆる格安スマホ会社。
よって、いくつかの条件はあるものの、「au」のスマホなら条件を満たせば「UQモバイル」のSIMが使える!

「UQモバイル」の契約はデータ通信のみの契約。
つまり、音声通話なしのプランだ。

第2に、音声通話はMNP(番号ポータビュリティ)で「ソフトバンク」と契約して「ガラケー」を選択!
これは他社からのガラケー乗り換えで3年間安く契約できるプランを選ぶ。
これにより、音声通話専用の、現行の電話番号が使えるガラケーを持つことになる。

これがケータイ【2刀流】!

さて、このようなめんどくさい事に何のメリットがあるだろうか??

細かな点はまたの機会として、簡単に言えば、料金が下がる!

==================================================
★現行

 au:月額 約7500円
  ※機種代は支払い済み

★2刀流

 UQモバイル:月額 980円(データプランのみ)
 ソフトバンク:月額 1480円(3年間、ガラケー音声カケホーダイプラン)

 合計:月額 約2500円
==================================================

ということで、何とその差は5000円
もちろん、auの途中解約料金とMNP転出手数料、ソフトバンクのMNP転入手数料と、UQモバイルのSIM料金を合わせれば、
約2万円かかっているが、それでも、2刀流にする事で、3年間で16万円(18万-2万 )の節約に成功!

まあそれ以外にもメリットやデメリットがあるが、
2刀流は自分には合っていると思う。。
満足ですね~

次回はもう少しレビューやメリット・デメリットの解説してきます^^

 ※しかし余談だが、18年5ヶ月もauは使ってきたので、感慨も多少あるけど、これについてもまた次回思いの丈を述べる予定~

IMG_20160717_155702

DSC_5313

「XperiaZ1」はmicroSIMだが、あえてnanoSIMを選択して、アダプターも購入した。
 ※もっともauの最新機がマルチSIMなので、これらに乗り換える際にはどっちにしろSIMカード交換が必要になるが・・・

DSC_5316

DSC_5317


スポンサードリンク

Leave a Comment.